宿泊約款
所有者 株式会社ユニホー
対象施設 伊豆山研修センター
問題が生じた場合には、この約款の内容に基づいて処理されますので、内容をよくご確認の上、契約へ進んでください。

適用範囲

第1条 当施設が宿泊客との間で締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定めのない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。
第1条2項 当施設が法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定にかかわらず、その特約が優先するものとします。

宿泊契約の申し込み

第2条 当施設に宿泊契約の申込みをしようとする者は、次の事項を当施設に申し出ていただきます。

イ. 契約者氏名
ロ. 宿泊日及び到着予定時刻
ハ. 電話番号
ニ. 宿泊者数
ホ. その他当施設が必要と認める事項
第2条2項 宿泊客が、宿泊中に前項第2号の宿泊日を超えて宿泊の継続を申し入れた場合、当施設は、その申し出がなされた時点で新たな宿泊契約の申込みがあったものとして処理します。

宿泊契約の成立等

第3条 宿泊契約は、当施設が前条の申込みを承諾したときに成立するものとします。但し、当施設が承諾をしなかったことを証明したときは、この限りではありません。
第3条2項 仮予約は予約順位の保全であり、宿泊契約が確定したものではありません。

宿泊契約締結の拒否

第4条 当施設は、次に掲げる場合において、宿泊契約の締結に応じないことがあります。

1. 宿泊の申込みがこの約款によらないとき。
2. 満室により客室の余裕がないとき。
3. 宿泊しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定、公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
4. 宿泊しようとする者が、次のイからハに該当すると認められるとき。
イ. 暴力団員による不当な行為の防止に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に指定する暴力団(以下、「暴力団」という。)、同法第2条第6号に規定する暴力団員(以下、「暴力団員」という。)、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力
ロ. 暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人、その他の団体であるとき
ハ. 法人で、その役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの
5. 宿泊しようとする者が当施設もしくは当施設従業員に対して暴力的要求行為を行い、あるいは、合理的範囲を超える負担を要求したとき。
6. 宿泊しようとする者が、厚生労働省令で定める第一類から第三類までの感染症に感染していると明らかに認められるとき。(※ その他 新型コロナウイルスおよびその兆候を含む)
7. 天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により宿泊させることができないとき。
8. 宿泊しようとする者が泥酔等により他の宿泊客に迷惑を及ぼすおそれのあるとき。
9. 他の宿泊客に著しく迷惑を及ぼす言動があるとき。

宿泊客の契約解除権

第5条 宿泊客は、当施設に申し出て、宿泊契約を解除することができます。
第5条2項 当施設は、宿泊客がその責めに帰すべき事由により宿泊契約の全部又は一部を解除した場合は、別表第1に掲げるところにより、キャンセル料を申し受けます。
第5条3項 当施設は、宿泊客が連絡をしないで宿泊日当日の午後23時になっても到着しないときは、その宿泊契約は宿泊客により解除されたものとみなし処理することがあります。但し、事前に連絡があった場合はその限りではありません。

当施設の契約解除権

第6条 当施設は、次に掲げる場合においては、やむを得ず宿泊契約を解除することがあります。

1. 宿泊客が宿泊に関し、法令の規定、公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき、又は同行為をしたと認められるとき。
2. 宿泊客が厚生労働省令で定める第一類から第三類までの感染症(新型コロナウイルスを含む)に感染していると明らかに認められるとき。
3. 天災・避難指示その他の当社の関与し得ない不可抗力に起因する事由により、安全かつ円滑な宿泊が不可能となり、又は不可能となる恐れが極めて大きいとき。
4. 宿泊客が、次のイからハに該当すると認められるとき。
イ. 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員又は暴力団関係者、その他反社会的勢力であるとき
ロ. 暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人、その他の団体であるとき
ハ. 法人で、その役員のうちに暴力団員に該当する者があるとき
5. 宿泊客が当施設もしくは当施設従業員に対して、暴力的要求を行い、あるいは、合理的範囲を超える負担を要求したとき。
6. 宿泊しようとする者が騒音、泥酔等により他の宿泊客に迷惑を及ぼすおそれのあるとき。宿泊者が他の宿泊客に著しく迷惑を及ぼす言動があるとき。
7. 禁煙が指定されている場所での喫煙、消防用設備等に対するいたずら等、火災予防上、障害となる行為を行ったとき。
8. 一時的であると否とにかかわらず宿泊契約者以外の者を客室に立ち入らせたとき。
9. 館内に以下のものを持ち込んだときまたは持ち込もうとしたとき。
拳銃
刀剣類
著しく悪臭を発する物品
著しく大量の物品
発火、引火しやすい物(火薬や揮発油)
植物・動物・昆虫その他これに類するもの
その他,法令により所持が禁止されているもの
10. 施設の備品または物品を施設の外に持ち出し、または許可なく施設内の別の場所に移動したとき。
11. 建物または諸設備に、変更・改造・改変を行なおうとしたとき。
12. 施設内で他の宿泊者,来訪者または従業員に対し,広告物,物品を配布する行為、宗教活動(布教・勧誘)または営業行為を行ったとき
13. 他の宿泊客に著しく迷惑を及ぼす行為をしたとき。
14.  その他当施設が定める利用規則に従わないとき。
第6条2項 当施設が前項の規定に基づいて宿泊契約を解除したときは、宿泊客がいまだ提供を受けていない宿泊サービス等の料金はいただきません。

宿泊の登録

第7条 宿泊客は、宿泊日当日、当施設のフロントにおいて、次の事項を登録していただきます。

1. 宿泊客の氏名(企業等団体様は宿泊者名簿の提出・事前に電磁的記録での送信でも可)
2. その他、国・県・市または当施設が必要と認める事項

客室の使用時間

第8条 宿泊客が当施設の客室を使用できる時間は、以下の通りとします。但し、連続して宿泊する場合においては、到着日及び出発日を除き、終日使用することが出来ます。

チェックイン15:00 / チェックアウト 10:00

第8条第2項 当施設は、前項の規定にかかわらず、同項に定める時間外の客室の使用に応じることがあります。この場合にはフロントの許可が必要となります。

利用規則の遵守

第9条 宿泊客は、当施設内(客室・研修室等 館内全て)においては、当施設が定めて施設内に掲示した利用規則に従っていただきます。許可を得て研修室等のレイアウトを変更した場合でも、原状復帰してお返し下さい。

第9条2項 当施設の主要な施設等の営業時間等は次の通りとし、その他の施設等の詳しい営業時間は客室備付けのパンフレット、各書の表示、ホームページ等でご案内いたします。研修会場の使用方法も含みます。

1. フロントサービス
8時~23時
2. 門限
なし
3. 大浴場・小浴場・露天風呂
原則24時間(日程によっては風呂掃除により一時的に利用できない時間帯があります)

第9条3項 前項の時間は、必要やむを得ない場合には臨時に変更することがあります。その場合には、適当な方法をもってお知らせします。

料金の支払い

第10条 宿泊客が支払うべき宿泊料金等の内訳及びその算定方法は、料金表に掲げるところによります。

第10条2項 前項の宿泊料金等の支払いは、日本銀行券及び貨幣(日本円)、又は当施設が認めたクーポン券、クレジットカードにより、宿泊客の退館の際又は双方が打ち合わせをした時刻にて、フロントにおいて行っていただきます。

第10条3項 当施設が宿泊客に客室を提供し、使用が可能になったのち、宿泊客が任意に宿泊しなかった場合及び客室利用後,任意に宿泊を中止した場合においても、全日分の宿泊料金を申し受けます。

当施設の責任

第11条 当施設は、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、又はそれらの不履行により宿泊客に損害を与えたときは、その損害を賠償します。但し、それが当施設の責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。

第11条2項 当施設は、統合賠償責任保険に加入しております。

契約した客室の提供ができないときの取扱い

第12条 当施設は、当施設の責めに帰すべき事由により宿泊客に契約した客室を提供できないときは、宿泊客の了解を得て、できる限り同一の条件による他の宿泊施設を斡旋するものとし、負の差額が発生した場合は当施設が負担いたします。
但し、客室が提供できないことについて、天災・不可抗力等 当施設の責めに帰すべき事由がないときは、補償をいたしません。

寄託物等の取扱い

第13条 宿泊客が当施設にお持ち込みになった物品又は貴重品であって施設またはフロントにお預けになったものについて、滅失、毀損等の損害が生じたときは、それが、施設側の故意又は重過失による事由の場合は、その損害を賠償します。但し、ネットショッピングやオークション等による限定品・ビンテージ・時価評価の対象となる物など、代替が無い一点物については正確な補償ができないため、フロントによる受取をお断りします。

第13条2項 宿泊客が、フロントにお預けにならなかった物品又は貴重品若しくは携行品については,客室及び館内での盗難、紛失、損失に対して、当施設は、その損害等は賠償いたしません。但し、施設側の故意又は重過失による事由の場合はその限りではありません。

第13条3項 宿泊客の手荷物・研修備品が、宿泊に先立って当施設に到着した場合は、その到着前に当施設に連絡があり、これを了解したときに限り、当施設に保管義務(一般的・客観的に要求される程度の注意義務、いわゆる善管注意義務)が生ずるものとします。また、許可なく送付された物については、当施設の故意又は過失により紛失・毀損等の損害が生じた場合でも補償はできません。

第13条4項 研修期間外の長期に渡る研修備品等の保管については、当施設と書面又は電磁的記録による保管契約を交わしてから実施します。あくまでも保管する「場所」を提供する契約であり、当施設が管理責任まで負うものではありません。よって、当施設が保管を許可した場合であっても、経年劣化や湿気による故障、第三者による毀損等について補償はできません。

宿泊客の忘れ物の保管

第14条 宿泊客がチェックアウトしたのち、宿泊客の手荷物又は 携帯品が当施設に置き忘れられていた場合において、その所有者が判明したときは、当施設は、当該所有者に連絡するとともにその指示を求めるものとします。但し、所有者の指示がない場合又は所有者が判明しないときは、原則として発見日を含め3ヶ月間保管するものとし、その間に宿泊客から返還の申出がなされなかった場合には、当施設にて任意に処分させていただきます。置き忘れられた手荷物又は携帯品について、内容物の性質に従い適切な処理を行うため、その中身を任意に点検し、宿泊者がこれに異議を述べることはできないものとします。

宿泊客の手荷物又は携帯品の保障

第15条 宿泊客が,施設従業員の指図,案内,掲示,緊急時の避難誘導・ご案内などに従われなかったことにより生じた損害については,当施設は、その賠償はいたしません。

駐車場の責任

第16条 お客様が当施設の駐車場をご利用になる場合、当施設は場所をお貸しするものであって、車両の管理責任まで負うものではありません。車両に事故があっても、当施設の責めに帰すべき事由がないときは、補償を致しません。

第16条2項 車の台数が多い場合、駐車場以外では敷地内道路(坂道)に縦列駐車ができます。境目を超えて、敷地外道路へ駐車されていた場合、近隣住民の迷惑になる為、研修中でも車の移動をお願いすることがあります。

宿泊客の責任

第17条 宿泊客の故意又は過失により当施設が損害を被ったときは当該宿泊客は当施設に対し、その損害を賠償していただきます。

通信

第18条 当施設内からのコンピューター通信のご利用に当たっては、お客様ご自身の責任にて行うものとします。コンピューター通信のご利用中にシステム障害その他の理由によりサービスが中断し、その結果利用者がいかなる損害を受けた場合においても、当施設は一切の責任を負いません。又、コンピューター通信のご利用に当施設が不適切と判断した行為により、当施設および第三者に損害が生じた場合、その損害を賠償していただきます。

緊急避難所

第19条 災害時又は災害が起こる可能性が極めて高いとき、市から避難指示が出た場合、次に掲げる施設へ避難する場合があります。

イ. 熱海中学校
ロ. 伊豆山小学校
ハ. 他に安全が期待できる施設が利用できるときは その施設

但し、時間帯・天候・周辺道路の安全等を総合的に勘案し、移動しない方が安全であると思慮される場合はこの限りではありません。

別表第1 キャンセル料(第5条第2項関係)
~15日前までの解約 キャンセル料は発生しません
14日前~8日前までの解約 ご予約合計金額(宿泊費・研修室)の40%
7日前~当日までの解約 ご予約合計金額(宿泊費・研修室)の100%

コロナによるキャンセル料も上記同様14日前から発生
※個人(じゃらん・楽天)の素泊りは3日前から100%
※キャンセル料は民法545条における「現状回復」および
「遺失利益の補填」を根拠規定としています。

以 上

株式会社ユニホー 伊豆山研修センター
電話:0557-80-5018